ヒッチハイク日本一周一人旅 - 旅路Good(たびログ) ADMIN
ヒッチハイクをメインとした旅の様子を、時にはリアルタイムで時には想い返して綴ったブログ。
『旅路Good』とは“旅”の“ブログ”=“たびログ”という音に、“良い旅路(たびじ)になるように”という意味をゴリ押しで当て字したもの。

(記事を探している人はもう少し下の方へ...)

ヒッチハイクで旅する自分だからできることが、きっとあるはず。
というわけで、チベットとウイグル(東トルキスタン)の人たちから託された国旗と共に、日本全国47都道府県をヒッチハイクで巡ったのが2008年。

なんでチベット&ウイグル?という人は - 【旅の概要と動機】

大阪をスタートし、明石大橋を越えて... >> 四国一周(+小豆島) >> 山陽 >> 九州一周(+屋久島)&沖縄(本島+離島) >> 山陰 >> 近畿 >> 中部 >> 関東 >> 東北と周り...ついに北海道は函館にゴールしました!

計384組の親切で物好きな人たちと一緒に歩んだ、138日間10,000kmにわたるヒッチハイクと野宿の旅の報告はこちらを - 【旅のまとめ】

日本一周の旅の序章でもある北海道一周記は - 【'07 北海道編】(未完結)
本編の日本一周記はこちらから - 【'08 日本一周編】
(毎日眠い目を擦って書いていた日記を元に現在加筆中、写真も追加中)

ヒッチハイク中には時間が無くて書ききれなかった...けれど今も心に残る、様々な出会いや事件について月一更新を目標に現在不定期連載中です - 【旅のエピソード】

※ヒッチハイクで乗せてもらった人たちなどに「無事に達成できたら連絡してね」とたくさんの名詞等もらったんですが、残念なことに途中で遭った盗難により一部を失ってしまいました。
こちらから連絡できなくなっている人にはこの場を使ってお詫びします。本当にすみません。


【現在、旅やヒッチハイクに関する質問を受付中。また各種依頼などもこちらから



--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) | PAGETOP
2008.08.21
那智の滝、滝まで行くのに300円。
高野山は平安時代初期の高僧、弘法大師空海が開いた宗教都市だ。今で言う和歌山県北部、紀ノ川の南側、蓮の花びらに例えられる八つの山々に囲まれた標高約850mの盆地にそれは突如として姿を現す。
奈良・大塔の道の駅からどこをどう走ったのか、舗装もされていない山道を走りひたすら蛇行するその道に同乗の少年たちがことごとく吐きそうになった頃、やっと民家が見えてきた。
「高野山に行きたいんですけど...」そう尋ねると、家の裏で何やら作業をしていたおじさんがニカッと笑って「この辺りが高野山だよ。」と教えてくれた。
そこから数百メートル進むと一気に辺りが開け、大きな駐車場にたどり着いた。
外の空気を吸い多少回復した少年たちワンボックスカーの面々に別れを告げ、道路向かいの案内所へ。そこの気さくなお姉さんから高野山一帯の地図と熊野古道に関する情報をもらい、ついでに荷物も隅の方に置かせてもらえることになった。これで今日一日は安心して身軽に行動することができる。

手に入れた地図によると、観光用のバスが何台も停まり比較的たくさんの人で賑わっているこの場所はどうらや中ノ橋の駐車場。まずは比較的近い奥の院へと向かってみることにした。


しっかりと石で舗装された長い参道が続く。世界遺産に登録されたからか、それ以前からなのかは分からないが、外国人観光客の比率も高い。


奥の院への参道はまさに山の中にある。大木に囲まれた道を歩いていると、それだけで自然と穏やかな気持ちになれる。仕事に、人間関係に、疲れている人におすすめ。

高野山、奥の院への道を一人歩く外国人女性。

誰の物か分からない無数の小さな墓もあれば、武田、上杉、豊臣など、大きく立派な大名家の墓も数多い。これらは江戸時代に幕府の命により各々が建てたものだとかで、一説によるとその時代の半数前後の大名家の墓が存在するらしい。

ここにも、おっとここにも、といった調子でそれら有名な戦国武将の(正確にはその家の)墓などを発見しながらしばらく歩くと、小ぶりの石橋が見えてきた。橋を構成する三十六枚の石板一枚ごとに裏に梵字が刻み込まれているという御廟橋(みみょうのはし)だ。この橋を渡るといよいよ奥の院。ここから先は浄域とされ、写真の撮影や飲食などは禁止とされている。
見ていると多くの人が往きは橋を渡る前に一礼し、帰りは橋を渡りきったところで振り返って一礼している。これはお大師さん(空海)が身分や信心に関係無く皆を一様に橋の袂まで送ってくれているという法話に基くものなんだとか。
一つゆっくりとした深呼吸の後に礼をすると、高野山の最も神聖な場所に向かって大きく一歩を踏み出した。

奥の院の中心的建物の一つに無数の燈が灯された燈籠堂がある。
中でもおよそ一千年前から灯され続ける燈が二灯。お照という貧しい娘が養父母の供養のために自分の黒髪を売って寄進したと伝えられる“貧女の一燈”と白河上皇が参詣の際に灯した“白河燈”。それに先の昭和天皇が平和を願って献じた“昭和燈”を併せた三灯は常明灯と呼ばれ、消えることの無い明かりを灯し続けている。

その裏には空海が1200年近くも前から今なお禅定を続けているとされる御廟があり、燈籠堂の地下に降りるとちょうどその正面に立つことができる。


御廟橋を渡って戻ってくると、今度は東方向にまっすぐ進む。
中ノ橋、そして一ノ橋を過ぎたところで道は車道と合流し、多くの寺院や土産物屋の建ち並ぶ中央の通りを歩いて金剛峰寺までやってきた。


高野山真言宗の総本山、金剛峰寺。現在の建物は江戸末期の1863年に再建されたもの。


豪勢な大広間。

部屋を彩る堂々たる襖絵は狩野派の絵師たちによるもの。豊臣秀次が自刃した柳の間には狩野探斎作の「雪柳白鷺」が描かれている。さらに廊下からふと外を見れば、そこは日本国内最大の広さを持つ石庭・蟠龍庭(ばんりゅうてい)。拝観料の500円に少し迷ったが、ここは確実に一見の価値有り。

金剛峰寺を出たところで時計を見ると、時刻はもう夕刻。荷物を預けてある案内所が閉まる前にそろそろ帰り始めなければいけない時間だ。この時点で一番奥、本来なら入口に当たる大門まで行くのは諦めた。その代わり高野山のシンボルの一つ、根本大塔までは行くことに決めた。
大股で、早足で、金剛峰寺から5分ほどでなんとか到着。その二層建ての外見に騙されていたが、実際に目にした大塔は予想を遥かに超えるビッグサイズ。15階建てのビルに相当する約48mの堂々たる姿だった。
山中にそれだけの高さのものが建っていると当然の結果としてやはり雷の標的になるわけで、9世紀後半の初代建立より5度の焼失と再建を繰り返してきたという。

その巨大さに満足したら、踵を返して一目散。徒歩で間に合わせるのは難しそうだったので、こちらからの攻めのヒッチハイクに活路を見出すことにした。

「すいません、ヒッチハイクで日本一周してるとこなんですけど、えーと、今ちょっと荷物を案内所に預けてて...」
車の減ってきた駐車場でタイミングよく車を出そうとしていた女の子に声を掛けたが、相手は露骨に不審そうな顔に。まぁ女の子一人じゃあしょうがない。「無理ですよね、じゃあいいです」と素直に引き下がりキョロキョロと次のドライバーを探す。文章にしてみて分かったが、これはかなり怪しいヤツだ。
次にやってきたのは大学生ぐらいの男3人組。かけた言葉は同じだが、学生らしいノリの良さであっさりと乗車に成功。本当にギリギリだが案内所の閉所時間前に滑り込むことができた。

そこで何か運のようなものを使い切ったのか、その後の高野山脱出は振るわず、結局駐車場そばのバス停で朝を迎えることになった。


この日の宿となったバス停。屋根が付いているので雨が降っても大丈夫。

翌日は早々に高野山を発ち、(後で知ったが)日本三美人の湯として知られる龍神温泉をスルーして南紀白浜に到着。その時のドライバーS製麺さんが連れてきてくれたのが、やや白みがかって平べったい岩盤が海をバックに広がる千畳敷。脆い砂岩の層なので削ろうと思えば簡単に削れるが...落書きがちょっと多過ぎる。
次に立ち寄ったのが下の写真にもあるもう1つの景勝地。


高さ50m余りの断崖が続く白浜の三段壁。

地下には洞窟があり、平安時代に勢力を誇った熊野水軍の船隠し場だったと言われている。
熊野水軍は熊野三山を代々統括する社僧・熊野別当家が指揮した海上戦闘のプロ集団で、壇ノ浦の戦いでは源氏を勝利に導く大きな力となった。当時の別当・湛増(たんぞう)は一説によればあの武蔵坊弁慶の父だという。



そのまま海岸線沿いの国道42号を南下し、本州最南端の潮岬へと立ち寄った。
案内してくれた老夫妻、旦那さんの方はかなりの酒好きのようで、途中で運転を奥さんに交代。自販機で買ってきた缶ビールをこちらにも一本渡すと、また静かに前を向いてゴクゴクと喉を鳴らした。
せっかくなんでいただくことにした500mlの缶ビール。なんで昼間のビールってこんなに旨いんだろう!



熊野那智大社の別宮、飛瀧神社。

太平洋に突き出した島のようになっている潮岬。そこから国道42号に戻り、熊野三山の一つ熊野那智大社へと参るべく、那智勝浦へとやってきた。
まずは日本三名瀑の一つにも数えられる那智の滝を見ようと、工事のトラックに乗せてもらい滝までの山道を蛇行しながら登ってゆく。
駐車場や土産物屋のある辺りで降ろしてもらい、今度は逆に石段を下ってゆくと滝、そして熊野那智大社の別宮である飛瀧神社があった。
那智の代名詞でもあるその滝は、多少水量が少なかったものの130mを超える高さを持つ荘厳な滝だった。
この滝のすぐ近くまで寄れると聞いていたので探してみると...
あった、神社の裏側から滝壺の方へ向かう道が。

が、入口にはなんと料金が明示されていた。
「大人300円」

えええぇ!?
滝に近寄るのにお金を取るだなんて。
そう思ったのはやはり自分だけじゃあなかったようで、「あれはもともとある自然の物じゃない?なんで神社がそれでお金取るのかしら」と、家族連れのおばさんは少し離れた場所でプリプリ怒っていた。

青岸渡寺には宿坊があり、そこに泊まることもできる。

滝を後にして那智大社への参道を登る。長い石段の両脇には土産物売りの店やお茶を飲ませる休憩処などが連なっていた。
那智大社隣の青岸渡寺から三重塔と那智の滝を望む。



山を降り、町に戻ってきた。



日本有数の生鮮マグロ水揚げ量を誇る勝浦港。
喰うならやっぱりマグロ丼!ってことで、スーパーでマグロの切り身と白ごはんを買ってきて一人マグロ祭り開催の図。

マグロとご飯とついでにお茶が全て胃の中に納まったところで祭はついに終焉を迎え、腹の底にしっかりとした重量感を抱えながらも、向かったのは熊野三山次の一社があるお隣の新宮市。



市街からすぐのところに建つ熊野速玉大社、別名「新宮」。
よく本宮大社に対して新しいから新宮だと勘違いされるがそうではないんです、と若い神職さんが団体客を相手に力説していた。
なんでも古くはここより1kmほど南の神倉山にあるゴトビキ岩という巨岩を御神体とし、そこに社殿を建て神倉神社として祀っていたが、日本武尊(やまとたけるのみこと)の父とされる第十二代景行天皇の58年に現在の場所に遷座したので元宮である神倉神社に対して新宮というんだとか。


社内の御守りなどを売っているところで、必勝祈願と書かれたサッカー男女日本代表のサイン入りユニフォームが掲げられているのが見えた。

速玉大社を出る頃にはもう太陽は大きく傾き始めていた。
今朝の那智大社から始まった熊野三社巡り、残るはあと一社。なんとか今日中に回りきりたいという願いが通じたのか、商品にミスがあったとかで取引先に呼び出され、今から謝りに行くところだという兄さんにピックアップしてもらう。車内では彼の愚痴聞き係となり、いかにその取引先が神経質で無慈悲な相手かを拝聴しながら車はついに目的地へ。


熊野三山最後の一社、熊野本宮大社入口。本殿、拝殿などの建物は階段を登って山の中にある。



やたらと気合いが入った様子の神門前。
日暮れ前ギリギリに着いたので社内にほとんど人影は無し。同じ静けさでも早朝の静けさとは違い、なんだか少し寂しい気がした。



明治期まで社殿があった熊野川の中州、大斎原(おおゆのはら)。
明治22年に大洪水があり、現在のおよそ8倍の広さがあったという社地は全て水に呑まれてしまったという。本宮大社の原点を偲び、平成12年には日本一だという高さ34mの大鳥居が建てられた。


辺りは完全に夜になり、唯一点いていたホームセンターの明かりが消えると残るは薄暗い街灯のみ。今夜はここまでかと寝床に使えるベンチの位置もしっかりチェックはしていたが、まだ諦めきれずに道路沿いでスケッチブックをかざし続ける。

交通量の少ない山間部、ポツポツとやってくる車はみな減速することもなく目の前をただ通り過ぎていく。それでもチャンスは今日も諦めない者のところにやってきた。
仕事帰り、自宅のある新宮市からさらに1つ先の紀宝町の道の駅まで送ってくれた親切なおじさんに感謝して、いつものようにベンチに伸ばした寝袋の中に潜り込む。
明日はもちろん伊勢神宮。高野山から数えてこれで連続5つ目の寺社...正直ちょっと食傷気味ではあるものの、日本の神社の総元締めに当たるところとなれば、これはやっぱり外せない。

スポンサーサイト
[旅の記録] '08日本一周編3 本州帰還 | CM(2) | TB(0) | PAGETOP
応援ボタン。ポチッと押してくれるその気持ちが、次の旅への大きなエナジーになります。



★COMMENT

滝見るのに金取るのなんて確かにヘンだよ!!怒

それにしてもまだ三重県かあ。東京はまだまだだねー。名古屋では金ちゃんとこ寄るのかな?よろしく言っておいてね!!
2008.08.21 | posted by 石井 | URL | EDIT |
少しペースを上げていくつもりだけど、東京はまだしばらく先になりそうです。

名古屋は上手く時間が作れればいいんですが…会えたら伝えときます!
2008.08.22 | posted by tavicho | URL | EDIT |

★ COMMENT POST









管理人にのみ表示



★ TRACKBACK URL


FC2blogユーザーはここをクリックでTBできます。

★ TRACKBACK

     どうぶつが好きな人はここも一度見て下さい。
救う会へ   セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。