ヒッチハイク日本一周一人旅 - 旅路Good(たびログ) ADMIN
ヒッチハイクをメインとした旅の様子を、時にはリアルタイムで時には想い返して綴ったブログ。
『旅路Good』とは“旅”の“ブログ”=“たびログ”という音に、“良い旅路(たびじ)になるように”という意味をゴリ押しで当て字したもの。

(記事を探している人はもう少し下の方へ...)

ヒッチハイクで旅する自分だからできることが、きっとあるはず。
というわけで、チベットとウイグル(東トルキスタン)の人たちから託された国旗と共に、日本全国47都道府県をヒッチハイクで巡ったのが2008年。

なんでチベット&ウイグル?という人は - 【旅の概要と動機】

大阪をスタートし、明石大橋を越えて... >> 四国一周(+小豆島) >> 山陽 >> 九州一周(+屋久島)&沖縄(本島+離島) >> 山陰 >> 近畿 >> 中部 >> 関東 >> 東北と周り...ついに北海道は函館にゴールしました!

計384組の親切で物好きな人たちと一緒に歩んだ、138日間10,000kmにわたるヒッチハイクと野宿の旅の報告はこちらを - 【旅のまとめ】

日本一周の旅の序章でもある北海道一周記は - 【'07 北海道編】(未完結)
本編の日本一周記はこちらから - 【'08 日本一周編】
(毎日眠い目を擦って書いていた日記を元に現在加筆中、写真も追加中)

ヒッチハイク中には時間が無くて書ききれなかった...けれど今も心に残る、様々な出会いや事件について月一更新を目標に現在不定期連載中です - 【旅のエピソード】

※ヒッチハイクで乗せてもらった人たちなどに「無事に達成できたら連絡してね」とたくさんの名詞等もらったんですが、残念なことに途中で遭った盗難により一部を失ってしまいました。
こちらから連絡できなくなっている人にはこの場を使ってお詫びします。本当にすみません。


【現在、旅やヒッチハイクに関する質問を受付中。また各種依頼などもこちらから



--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) | PAGETOP
2008.08.25
旅半ば
海沿いに延びる熊野街道を東へ、伊勢へと向かって進んでゆく。
古くから伊勢路と呼ばれ、多くの人々の巡礼路として栄えてきた道だ。


熊野灘に面する七里御浜(しちりみはま)。
紀宝町周辺は海亀の産卵地にもなっているので、車やバイクの出入りは禁止されている。


ドライバーさんの問いかけに、子供たちが「乗せてあげよう」と言ってくれたらしく、まさかの幼稚園バス乗車。短い時間だったが、車内は賑やかでとっても楽しかった。

その後は一人旅の若い兄さんと一緒に天岩戸との伝説がある「恵利原の水穴」に寄り道し、着いた頃にはもう夕方。翌日参拝することにしてバス停のベンチで一夜を明かした。


早朝からの雨音で目を覚ます。
見ると地面も濡れてきており、急いで荷物を上に避難させる。本当なら早い時間からまずは5kmほど離れた豊受大神宮(通称・外宮)まで歩いてお参りし、続いて皇大神宮(通称・内宮=いわゆる伊勢神宮)へと正式な順序で参拝したかったのだが、降りしきる雨がそれを阻んだ。
8時頃、やっと周囲の店が開きだして傘を買うべきかどうか迷っていると、バスの受付にいたお姉さんが傘を貸してくれた。笑顔の挨拶は様々な幸運を呼び込んでくれる。
時間が時間なので外宮は諦め、さっそく傘を差してすぐそばの内宮へと向かう。



左の立て札に書かれた「下乗」の文字。ここから先は馬を降りて歩くようにという意味だ。ちなみに橋を渡る時は右側通行。真ん中は神様の通り道なので歩いてはいけないんだとか。
ところが!皇族は乗車したままこの橋の真ん中を通るらしい。自分とこの祖先の社なんだし降りて歩けばいいのに、とちょっと思う。

水量の増えた五十鈴川を眺め、神楽殿の前を通り、階段を上がっていよいよ神社本庁の本宗とされる神宮の拝殿へ。ちなみに天照大神が鎮座する本殿はさらにその向こう側にあるので残念ながら近寄ることはできない。古来より20年ごとに建て替える式年遷宮の伝統により、古い建物ではないが厳かな雰囲気が漂っていた。

参拝が済む頃には雨も少し小降りになったので、出てすぐの「おはらい町」「おかげ横丁」をぶらり。ここでは昔の街並みを再現しており、歩くだけでも楽しめる。再開した赤福は、事件など無かったかのように大繁盛。夏季限定のかき氷が意外と美味しそうだった。密かに期待していた名物・伊勢うどんはコシが無さ過ぎて(忙しい商売人が急いで食べられるようにとわざとそういう物なんだけど)自分にはちょっと合わなかった、残念。



お姉さんにお礼を言って傘を返し、お次は北上。この日は偶然にも乗せてもらった3組が年代こそ違えど全て親子連れというちょっと珍しいパターン。完全に真っ暗になった後も粘りのヒッチでなんとか関ヶ原まで到達することができた。せっかくやってきた天下分け目の決戦の地だが、夜じゃ何にも見えやしないと残念がっていたんだけれど、後で聞いた話によると「昼でも見るような物は何も無い」そうだ。

ここのコンビニで数日前から連絡を取っていた友人T君と合流し、そのまま滋賀県米原の彼の家へ。6年ぶりの再会とあって、地元琵琶湖産鮎の甘煮なんかをアテに朝まで飲んで語り合った。

明けて日曜日。互いに少し仮眠(なんとハンモックで)を取り、シャワーも借りてさっぱりと。それからT君の車で彦にゃんの彦根城をチラ見して多賀大社へ。絵馬の代わりにしゃもじという個性的な神社で、近くのお茶屋さんでは元寇に由来があるという糸切り餅をいただいた。遅めのお昼はT君お勧めの和風ちゃんぽんの店に入ったが、これが本当なかなか美味い。そしてこの店では皆、各テーブルに置いてあるお酢をお好みの量入れていたが、そんなちゃんぽんの食べ方を始めて知った。
腹を満たした後は湖岸の道路で北へと向かい、山々の間に広がる田んぼや静かな湖畔という湖北らしい景色を追いかけてマキノまで。


琵琶湖内の4島のうちで最も知名度が高いのがこの竹生島(ちくぶじま)。
西国三十三所札所巡りの1つ、宝厳寺がある。

8号線で帰ってくる途中でまたしても酒を調達し、この夜も彼の部屋で大いに飲んだ。

翌日は出勤途中のT君に湖岸道路に置いてもらうところからヒッチハイクスタート。南下し、琵琶湖大橋を渡って大津市に入り、そこから反転して北へ北へと進んでいく。この時乗せてもらった人の中にはこの旅初の外人さん、それもケニアの人がいた。日本に長く住んでいるということで日本語もペラペラ。そんな彼も実際に日本に来るまでは、現代でも普通に侍や忍者がいる国だと思っていたらしく、侍たちがもはや存在しないと知ったときにはショックだったという。地元ケニアの人たちは、もちろん今も侍の国だと信じているらしい。

日本海沿いの港町、福井県の敦賀に着いた。またしても雨が降ってきていたので、屋根のある寝場所を求めて商店街を歩く。スーパーの入口前にベンチを発見したのでここを今夜の寝床にと場所を確保していると、向かいのベンチに陣取っていたホームレスのおじさんが声をかけてきた。簡単にまとめると、どうやらこの場所はいつも自分たちが使っている場所なので、どこか別の場所に行けということらしい。場所を取ったら悪いかなとも思ったが、言い方がやや威圧的だったことで素直にどく気にはなれず、結局そのまま使うことにした。
日が暮れて通りの店が閉まると、入れ替わりにやって来たいくつもの屋台がテーブルや椅子を並べてラーメン屋の営業を始める。敦賀の名物だということで、そのうちの1つで食べてみた。決して不味いわけではないがあまり特徴のない味だったので、もう少しリサーチしてから屋台を選ぶべきだったかとちょっぴり反省。明日は東、石川県へ。



北京オリンピックが閉幕した。
ほとんどTVを見ていないので詳しくは分からないが、期間中チベット・ウイグルなどの内情は、聖火リレー時のように特に大きな動きが伝えられることも無く、五輪はなんとなく進行し終了していったらしい。

チベットの御守りスンドゥ

上の画像、手首に巻いている赤い糸はスンドゥ。
祈りの籠ったチベットの御守りだ。
広島にあるチベット寺院に寄ったときに、そこのお坊さんからいただいたもの。

旅がスタートして96日目、現在地は福井県。
当初目標にしていた五輪期間中のゴールはならなかったけれど・・・世間の関心が薄れるであろうこの後も、旅は静かに続いていく。



続きはこちら >>>
'08日本一周編4 東日本へ

スポンサーサイト
[旅の記録] '08日本一周編3 本州帰還 | CM(3) | TB(0) | PAGETOP
応援ボタン。ポチッと押してくれるその気持ちが、次の旅への大きなエナジーになります。



★COMMENT

福井県ですか。永平寺には寄るのかなぁ?
そう言えば馬頭観音さんの道中安全の御守り札をさしあげれば良かったですね。
是から涼しくなるので気をつけて続けて下さい。
2008.08.26 | posted by ブッポウソウ | URL | EDIT |
オリンピックは普通に開催されて、普通に終わった。チベット問題はまったく聞こえてこなかったよ。なんなんだろー?やりきれないね。
あれだけ盛りあがったチベット解放の声も忘れ去られて日常に戻っちゃった。
2008.08.26 | posted by マサ | URL | EDIT |
>ブッポウソウさん
敦賀で一泊したので氣比神宮には詣らせてもらいましたが、時間的、位置的に永平寺は断念しました。

馬頭観音さんは陸上交通を守護してくれるんですよね。
御守りは無くとも旅先から手をあわせておきます。

>マサさん
現代は情報が溢れすぎててどんどん新しい事件やニュースが発信されるから、1つの事柄を継続していくのが難しくなってますね。
マスコミにも問題があると思います。

でも報道がされなくなっても自由を求めている人たちはいるわけで…。
それを今一度認識しなおす為にも、11月上旬にダライ・ラマ氏が福岡講演の為に来日するので、それを聞きに行こうと思っています。
2008.08.29 | posted by tavicho | URL | EDIT |

★ COMMENT POST









管理人にのみ表示



★ TRACKBACK URL


FC2blogユーザーはここをクリックでTBできます。

★ TRACKBACK

     どうぶつが好きな人はここも一度見て下さい。
救う会へ   セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。