ヒッチハイク日本一周一人旅 - 旅路Good(たびログ) ADMIN
ヒッチハイクをメインとした旅の様子を、時にはリアルタイムで時には想い返して綴ったブログ。
『旅路Good』とは“旅”の“ブログ”=“たびログ”という音に、“良い旅路(たびじ)になるように”という意味をゴリ押しで当て字したもの。

(記事を探している人はもう少し下の方へ...)

ヒッチハイクで旅する自分だからできることが、きっとあるはず。
というわけで、チベットとウイグル(東トルキスタン)の人たちから託された国旗と共に、日本全国47都道府県をヒッチハイクで巡ったのが2008年。

なんでチベット&ウイグル?という人は - 【旅の概要と動機】

大阪をスタートし、明石大橋を越えて... >> 四国一周(+小豆島) >> 山陽 >> 九州一周(+屋久島)&沖縄(本島+離島) >> 山陰 >> 近畿 >> 中部 >> 関東 >> 東北と周り...ついに北海道は函館にゴールしました!

計384組の親切で物好きな人たちと一緒に歩んだ、138日間10,000kmにわたるヒッチハイクと野宿の旅の報告はこちらを - 【旅のまとめ】

日本一周の旅の序章でもある北海道一周記は - 【'07 北海道編】(未完結)
本編の日本一周記はこちらから - 【'08 日本一周編】
(毎日眠い目を擦って書いていた日記を元に現在加筆中、写真も追加中)

ヒッチハイク中には時間が無くて書ききれなかった...けれど今も心に残る、様々な出会いや事件について月一更新を目標に現在不定期連載中です - 【旅のエピソード】

※ヒッチハイクで乗せてもらった人たちなどに「無事に達成できたら連絡してね」とたくさんの名詞等もらったんですが、残念なことに途中で遭った盗難により一部を失ってしまいました。
こちらから連絡できなくなっている人にはこの場を使ってお詫びします。本当にすみません。


【現在、旅やヒッチハイクに関する質問を受付中。また各種依頼などもこちらから



--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) | PAGETOP
2008.08.31
金沢で、ついに。
ホームレスのおじさん達と寝場所のベンチを巡って牽制しあった敦賀の夜が過ぎ、雨も上がって朝が来た。この日はまず越前国の一宮、氣比神宮にお参りし、福井方面へと進路を取る。途中で寄り道するとしたらメジャーなところで永平寺か東尋坊。神社仏閣は正直ちょっと食傷気味だったので東尋坊へ・・・とも考えたけれど、この後の石川県(正確に言うなら能登半島)がちょっと時間がかかりそうだったのでここはあっさりとショートカットすることに決め、代わりに「食」に走ることにした。
というわけで到着した福井市。ここの名物をリサーチしたところ、どうやら越前そばとソースカツ丼がイチ押しらしい。硬めの麺が辛子大根のおろしと絡んだおろし蕎麦も旨そうだが、朝から何も食べていない腹の虫は少しでもボリュームのある物を強く求めていた。幸いにもすぐ近くの福井駅から徒歩10分ほどのところにソースカツ丼発祥の店があるということが判明、この店しかないと心に決め捜し歩くことおよそ30分。ついに見つけた発祥の店「ヨーロッパ軒総本店」、その入口にはなんと・・・「本日定休日」(火曜日)の文字、そんな殺生な!
食べる気満々でペコペコの腹を抱えて歩いて来たのに、食べられないと分かると余計にお腹が減ってきた。時間的に次の移動のことも考え8号線に移動しなければいけなかったものの諦めきれず、移動しながらも途中目を皿のようにしてソースカツ丼の店を探す。が、うどんや蕎麦、寿司やラーメンなど他の店はたくさんあるのにカツ丼の店は無情にも見つからない。
結局この日は後ろ髪を引かれる思いで福井を去り、金沢へと着いた後も何も口に入れることは無く眠りについた。

翌朝、金沢第一の見どころにして日本三名園の1つ兼六園が開園の8時(開門は午前6時)までに入れば無料と聞いて7時過ぎに門前に到着。ところが夏は時間が一時間早いとかで開園は7時。よくよく確かめると開園15分前、つまり6時45分までに入らないといけなかったらしいので、無料の時間帯を狙う人は要注意。

それはそれとして、庭園はさすがに良い趣でトイレまでちょっと凝っていた。園内には欧米系の外人さんグループも多く、英語やラテン系の言葉などが飛び交っている。兼六園と言えば「雪吊り」が有名なので次回は冬に来てみたい。

外国人が多く立ち寄る兼六園。

庭園を見た後は加賀百万石と謳われた前田家の居城・金沢城を歩く。江戸時代から残る門や櫓の補修に加えて、現在は失われた建物の復元作業が進められていた。金沢城址は石垣の博物館とも言われ、多様な工法、様々な年代の石垣が今も残っている。

続いて現代アートの金沢21世紀美術館を見に行った。

金沢21世紀美術館
プールの底の人影がこちらを窺っている様子が見える。
特別展以外は無料なので時間がある人はお勧め。

そして兼六園前に戻ってきたのがおよそ13時頃。バス停に置いておいた荷物を回収して次へ進もうとしたところ・・・



やられた!!
メインの大きなザックのチャックが開けられ、中型の手提げタイプのバッグが消え去っていた。
いかにも金目の物とは縁が無さそうな外観とその重量のため、これまで一度たりとも盗まれたことがなかったのに・・・。
財布やデジカメなど、他人にとって少しでも価値の有りそうなものは常に持ち歩いていた為、逆に油断があったかも知れない。これまで約4ヶ月、日本を半周旅してきた中で、ここ金沢が始めての盗難被害地になってしまった。

すぐに近くの交番に行って盗難届けを出し、自己捜索を開始する。
まず考えたのは、盗られた物はビタ一文にもならない物ばかりなので必ずどこかに放置されているに違いないということ。
盗られたバッグはかなり重量のあるものだったので遠くまで持って行ったとは考えにくい。
そして出来るだけ早く中身を確認して必要なものだけを取り出したい犯人が向かう場所といえば、おそらくトイレの個室。
そう仮定して付近の公衆トイレを捜したところ・・・その裏で、見覚えのある黒い手提げを発見!
中身を探った形跡はあるものの、予想通り中身は無事なようだった。
これで一安心、といきたいところだが、大きなザックから抜かれたビニール袋が見当たらない。
薄くて軽く封筒などが入っていたため、持っていかれたのかも知れなかった。
中にはこの旅でお世話になった人などからもらった名刺や手紙など、他人には無価値でも自分にとってはとても大切な物が入っている。
棄てられているとすれば、まず掃除をしている人がそれに気付く確率が高い。

ということで金沢城や兼六園なども含め、周辺の掃除をしている人たちに片っ端から聞いて回ったものの・・・残念ながらこの日はついに発見することができなかった。
陽が徐々に傾いてきた。迷った末先に進むことを決め、警察にも届けがあったらすぐに連絡してもらうように念を押してヒッチハイクのために国道方向へと向かう。国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されているひがし茶屋街に少し寄り、そこから能登半島を目指していたところ、2人組の女性が拾ってくれた。

この人たちの勧めにより、この後とある新興宗教系団体の集会にも参加することになるんだけれど、それはまた別のお話。あ、もちろん入信はしてません(笑)

翌日は内灘町から北上して能登半島をグルリと一周。輪島市、珠洲市を通って半島中部の能登島手前にある公園で野宿した。

白米千枚田
途中寄った白米町の千枚田。階段状になった棚田の1つ1つがとても小さいため、面積の割りにとても手間がかかる。現在はボランティアなども募り維持している。

朝、起きてしばらく日記を書いたりしていると、40代ぐらいのおじさんが声を掛けてきた。聞けば関東からやってきたチャリ旅の人で、珍しいことに犬を連れていた。元はトラックの運転手をしていたが、事故を起こして免許と仕事を失い旅に出たという。人生は様々だ。

この日は富山入りして見どころ回って、なんて考えていたが、ヒッチハイクで予想外に苦戦したため富山に着いたのは日が暮れてから。ライトレールという市電の駅で眠ったが、翌朝地下にもっと暖かい寝場所があることを発見。見つけるのがちょっと遅かった。

富山市のライトレール

ところでここ富山にはブラックラーメンというものがあり、そのままではとても飲めないぐらいの黒い濃い目の醤油スープに最後はご飯を放り込んで食べると聞いて興味津々。その元祖の店の近くまで歩いて行って、開店までのしばらくの時間を運試し的なつもりでヒッチハイクしていたら、こういう時に限って即停車。しかも車の行き先までドンピシャ。今日はこういう流れだったんだとブラックラーメンは諦め、立山にある日本一の滝へと向かった。

滝の2~3km手前からは歩いて登る。しばらく進むと右側にものすごい崖が見えてきた。その名も「悪城(あくしろ)の壁」、まさに天然の要塞のようだ。この上には弥陀ヶ原と呼ばれる台地が広がっている。

悪城の壁
悪城(あくしろ)の壁は幅2kmに亘ってつづく高さ500m(!)の断崖絶壁。昔は山菜取りなどでここに登ったらしく、二段構えになった崖の上部に登れて始めて一人前と認められたという。

上部に霞が掛かったハンノキ滝。

さらに進むと台地の上から流れ落ちる滝が見えた。雨で水量が増えているようだ。写真下部の橋や建物と比べるといかに大きいかがよく分かる。中央に映っているのはハンノキ滝。

落差日本一、称名の滝。

こちらは中央が日本一の滝と呼ばれる称名の滝(落差350m)、右で植物に隠れ気味なのがハンノキ滝(落差500m)。数字を見れば分かるとおりハンノキ滝の方が高いけれども、この滝は雨の後や雪解け時にのみ現れる滝のためか、ランキングからはいつも外されてしまっている。いわば無冠の王者だ。

街に向かっての下座途中、荷物を置かせてもらっていた山の食堂に寄ると、雨を避けるようにザックに傘が掛けられていた。さりげない優しさが心に沁みる。いつかまた来たらその時はぜひここでイワナを食べてみたい。

この日の晩は「ちょうど今日給料日だったんで、オゴるから行きましょうよ!」というガテン系の若者に誘われ回転寿司へ。北陸の魚が旨いとは聞いていたけれど、本当に旨かった。回転寿司とはいえ、そのレベルが大阪とは全く違う。旨い寿司をつまみながら生ビールを飲んで熱く語り、とてもハッピーな時間を過ごさせてもらった。将来は介護の仕事がしたいという彼の未来に乾杯。

翌朝目覚めたのは道の駅庄川。洗濯したり日記を書いたりとやることをやってから11時ごろにヒッチハイク開始。幸いすぐに乗せてくれる人が見つかり、五箇山の合掌集落へと山道を走る。この辺りでは栃の実から作った栃餅や豆腐のノボリをよく見かけ、熊肉なんかも捕れるようだ。しばらくして到着した五箇山は白川郷と共に世界遺産に指定された地域で、この旅でぜひ訪れてみたいと思っていた場所の1つ。屋根が特徴的な合掌造りの家々が山と山との間に集落を造っていた。

五箇山集落

集落はやはり観光地化されていて、合掌造りの家もそうでない家も、カフェや土産物屋など思い思いに営業している。夏休み最後の週末ということで、訪れているのは子供連れのファミリーが多い。
その裏側、歩行者用のトンネルを抜けた辺りのエリアでは、主人の居なくなった合掌造りの民家が集められ、バンガロー的な宿泊施設として提供されていた。

続いて岐阜側の合掌集落・白川郷へ向かおうとヒッチハイクしていたところ、久しぶりに外人さんが乗せてくれた。日本語のとても上手なスペイン人セニョーラのMさん♀は、なんと白川村の住人らしい。息子がアルバイトしているお店に迎えに行きがてらビールをご馳走になると、ほろ酔い気分で話も弾み、その日はウチに泊めてもらう事になった。

元小学校舎

で、この建物がその家族の住むおウチ。
何に見える?・・・って実はこれ、小学校。廃校になっていたところに許可を得て住み始めたようだが、最初見たときにはしばらく状況が飲み込めなかった。中には当然、教室や廊下、講堂などがあるが、その中で日々の生活が営まれている。

本場スペインの人が作製したパエリア。
建物内で一番広い講堂で、キャンプ用のコンロに木炭で火を熾す。

最初に乗せてくれたMさんとハーフの息子に娘さん、それに行きつけの店のスタッフやそこの常連さんも加わって、晩は賑やかな宴となった。鬱蒼と草茂る元校庭で摘んだハーブを使ったパエリアは、なぜか遠く本場スペインの味がするような気がした。

スポンサーサイト
[旅の記録] '08日本一周編4 東日本へ | CM(0) | TB(0) | PAGETOP
応援ボタン。ポチッと押してくれるその気持ちが、次の旅への大きなエナジーになります。



★COMMENT

★ COMMENT POST









管理人にのみ表示



★ TRACKBACK URL


FC2blogユーザーはここをクリックでTBできます。

★ TRACKBACK

     どうぶつが好きな人はここも一度見て下さい。
救う会へ   セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。