ヒッチハイク日本一周一人旅 - 旅路Good(たびログ) ADMIN
ヒッチハイクをメインとした旅の様子を、時にはリアルタイムで時には想い返して綴ったブログ。
『旅路Good』とは“旅”の“ブログ”=“たびログ”という音に、“良い旅路(たびじ)になるように”という意味をゴリ押しで当て字したもの。

(記事を探している人はもう少し下の方へ...)

ヒッチハイクで旅する自分だからできることが、きっとあるはず。
というわけで、チベットとウイグル(東トルキスタン)の人たちから託された国旗と共に、日本全国47都道府県をヒッチハイクで巡ったのが2008年。

なんでチベット&ウイグル?という人は - 【旅の概要と動機】

大阪をスタートし、明石大橋を越えて... >> 四国一周(+小豆島) >> 山陽 >> 九州一周(+屋久島)&沖縄(本島+離島) >> 山陰 >> 近畿 >> 中部 >> 関東 >> 東北と周り...ついに北海道は函館にゴールしました!

計384組の親切で物好きな人たちと一緒に歩んだ、138日間10,000kmにわたるヒッチハイクと野宿の旅の報告はこちらを - 【旅のまとめ】

日本一周の旅の序章でもある北海道一周記は - 【'07 北海道編】(未完結)
本編の日本一周記はこちらから - 【'08 日本一周編】
(毎日眠い目を擦って書いていた日記を元に現在加筆中、写真も追加中)

ヒッチハイク中には時間が無くて書ききれなかった...けれど今も心に残る、様々な出会いや事件について月一更新を目標に現在不定期連載中です - 【旅のエピソード】

※ヒッチハイクで乗せてもらった人たちなどに「無事に達成できたら連絡してね」とたくさんの名詞等もらったんですが、残念なことに途中で遭った盗難により一部を失ってしまいました。
こちらから連絡できなくなっている人にはこの場を使ってお詫びします。本当にすみません。


【現在、旅やヒッチハイクに関する質問を受付中。また各種依頼などもこちらから



--.--.--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) | PAGETOP
2008.09.09
山の上の王国と日本一高いダム
9月に入った。毎日盛り沢山の連続だけれど、5月に出発したのにもうそんなに経ったのかと改めて思う。大阪から四国、山陽、九州、沖縄、山陰、近畿、北陸ときて岐阜県で28県目。もっとペースを上げていかないと北海道に着くまでに凍えてしまいそうだ。
合掌造りの集落は五箇山でたっぷり見ていたので白川郷はチラ見程度にして素早く次の飛騨高山へ行こうと思っていたが、ついついジックリ見てしまう。集落の規模はこちらの方が数倍デカい。合掌造りの家はその特徴でもある大屋根の中がいくつも層になっていて、外見上は1階建てでも実際は5階建て(!)のものまであったりする。そのスペースで主に蚕を飼っていたりしたんだそうだ。

白川郷、合掌造りの民家

集落の家々のうち特に大きな名家はそのまま保存&公開され、それ以外の家はほぼ全てが何らかの商売をしている。食べ物を扱っている店が大半で、どぶろくや唐辛子、五平餅にアイス、飛騨牛の串焼きや饅頭などが多かった。

9月最初の夜は大粒の雨が降る高山駅前で過ごし、翌朝町をぶらりと散策してから南下を開始、下呂温泉では乗せてくれた人と一緒に河原の無料温泉でひとっ風呂。ここはなんと脱衣所すらも無いため橋を通行する人たちから丸見えの状況でパンツを下ろさねばならず、一瞬の勇気を必要とされるが、入ってしまえば無問題。地元のおじさん達は堂々と入っていた。

岐阜県高山市の高山陣屋
江戸時代には飛騨国の代官所として使われていた高山陣屋と門前の朝市。

さらに南下して愛知県入りし、名古屋の20kmほど南にある刈谷市で友人宅に一泊。1歳の長女が超可愛く、奥さんもいい人で大変お世話になりました。
そこから1号線をノリのいいトラックドライバーの兄さんに乗せてもらって浜名湖を越え、中田島砂丘でちょっと休憩。ここでTOKIOの鉄腕DASHでやっているソーラーカーとすれ違い、次のヒッチにしばらく苦戦はしたものの、近くに住んでいる子供連れの奥さんに晩ご飯をお呼ばれして、そのまま泊めてもらうことになった。翌日は旦那さんの車で100km近くのロングドライブ。桜えびで有名な由比まで送ってもらい、数台乗り継いで沼津まで。
ここは石垣島で仲良くなったスキューバの人たちの地元。集まってくれた皆と再開を祝して乾杯し、知人の農場の敷地内にあるという穴場の夜景スポットにも乗り込んで、夜景とそして星空を眺めた。

翌日はその内一人が丸一日かけて伊豆半島を車で一緒に回ってくれた。
まず修善寺温泉では独鈷の湯に足を浸し、136号線を通って恋人岬、黄金岬から「世界の中心で、愛をさけぶ」のロケ地でもある松崎町へ。ここでは心太食べ放題という店に入りお昼を食べたが、この店のイカの美味いこと!とろける様な軟らかさで、これまであまり好きではなかったイカを見る目が変わりました。

伊豆の恋人岬
伊豆半島西岸の恋人岬。展望台に赤絨毯が敷いてあり二人で鐘を鳴らせるようになっている。
当然ながら自分達以外は全員カップル。

なぜ人家にペンギンが?
正確な位置は不明ながら、松崎町からそれほど遠くない港町で見かけた光景。目を凝らしてよく見ると・・・


なぜ人家にペンギンがいるのかは一切不明。事情を知っている人はぜひ一報下さい。

昼食の後は幕末にペリーの黒船が来航した下田を経て伊東市で温泉に入り、海沿いの斜面に張り付くような熱海の夜景を見て戻ってきた。
その日は1号線沿いの店の前で野宿して、次は内陸の山梨県、富士の裾野に広がる富士五湖方面を目指す。御殿場から五湖の山中湖、河口湖へと向かい、途中の富士吉田市では硬くて太い麺が特徴の名物吉田うどんを食して、さらに先の湖へ。


この山中湖の主人かのような風格すら漂う白鳥型遊覧船。デカい。

3つ目か4つ目の湖を過ぎた辺りで甲府の方へと路線変更。練習中の地元高校自転車部監督の車に乗ったり、めちゃくちゃノリの良いギャルの子らに乗せてもらったりして、この日も無事に目的地、山梨市の「ほったらかし温泉」までたどり着いた。

ただいま練習中
伴走中の車内から。アップダウンの激しい山道をグイグイと進む高校生たち。

絶景温泉として有名なほったらかし温泉は甲府盆地を見下ろす山の上にある。毎朝陽が昇る前から営業していると聞いて、それならぜひ湯船で日の出を見ようとやってきた。どこか隅の方ででも野宿させてもらえればと思っていたが、あえなく断られたため敷地外の草むらに寝袋をひろげる。さあ寝ようとしたまさにその時、温泉にいたスタッフのおじさんがこちらに声を掛けてきた。
「彼と一緒に仕事をするなら、泊まっていくかい?」という言葉に即答し、泊まりのスタッフだというその彼に案内されて人気の無くなった施設に戻る。浴槽を磨いたりスノコを洗ったり、シャンプーやリンスを補充したりと2人で手早く掃除を済ませ、スタッフルームかなにかで寝るのかと思いきや・・・なんと、この彼はさらに山奥に住んでいた!

山の上にあるほったらかし温泉から道無き道を進むこと数キロ、原付2ケツでたどり着いたのは彼の王国。まだまだ最初の一歩を踏み出した段階なので、王国と言うにはスケールが足りないかもしれないが、手作り感溢れる木造の野外キッチンスペースや小型のログハウスなどがあり、現在進行形で色々と作成中だ。この場所を子供達が遊び学べる「楽校(がっこう)」として充実させるのが彼の夢だという。
彼とは一晩目一杯飲んで喰って語り合い、爆睡したおかげで日の出は逃してしまったけれど、一緒に入った天空の朝風呂はこの旅でも格別だった。

昼ごろに下山して再び甲府方向へ。そこから国道20号線を北西に進み、諏訪市までの間では自分ヒッチ史上初のオープンカーにも乗せてもらった。日没時、どんどん暗くなっていく中で御柱(おんばしら)の神社として有名な諏訪大社にお参りし、この日は何とか松本市まで。スタジアムの裏で野宿した。

諏訪大社の御柱
信濃国の一宮、諏訪大社。写真左に奉られているのが御柱。相撲とも縁が深い神社で、境内の一角には土俵があった。

そして昨日。昼に松本名物の山賊焼きを食べた後、重たいザックを背負い手の指に食い込む手提げをぶら下げ、文字通り汗水垂らしながら丘を1つ越えてやっとヒッチポイントへ。オリンピックの時に造られたというオリンピック道路を北上し、何台か乗り継いで白馬村に到着した時にはもう夕方になっていた。

白馬のスキージャンプ台
長野五輪で日の丸飛行隊が金メダルを獲ったジャンプ台。

この日は晩に長野市でチベット支援の人たちと合流する予定になっていたため、何とか間に合わせようと頑張ったが力及ばず。苦戦する自分を運びにわざわざ迎えに来てくれた。晩ごはんを一緒に食べ、互いに色々な話をして、その夜は内一人のお宅に泊めてもらう。

長野にたどり着いたチベット旗
晩ごはんをご馳走になった後、夜の街角での一枚。

そして長野の朝、5時起床。今朝はまず2人で善光寺参りから。
5時40分からの法要にちょうど間に合うぐらいに到着し、まだ静かな参道を歩いて門へと進んでいく。

早朝の善光寺

紆余曲折を経ながらも、同じ仏教徒としてチベットへの弾圧政策を否定し、北京五輪聖火リレーの国内出発地を辞退したここは、この旅でぜひ来たいと思っていたお寺の1つ。善光寺では天台宗と浄土宗の2つの宗派が並立しており、各々の住職・上人さんが日替わりで法要を行うが、珍しいことにその一方、上人さんの方は尼僧である。

続いて連れて行ってもらったのは長谷寺。少し高台にあるお寺なので見晴らしがいい。ここの住職がチベット問題に熱心だということで、忙しい中少しだけ話をさせてもらった。次に来るときはもう少しゆっくりと。
その後別れてヒッチハイクで再び白馬へ戻り、向かうは日本一の黒部ダムだ。

白馬村の風景
美しい白馬の山々。上空にあったケシ粒のような点に目を凝らすと、パラグライダーが飛んでいた。

黒部ダムへの道は一般車両通行不可。そのためヒッチハイクが成立せず、必ずバス代などが必要になる。エリア的には富山県なのだが、富山側から行く方が遠いために一万円以上の交通費がかかってしまう。これは長野側から行く費用と比較すると段違いの高額だ。なので行くのは必ずこちら(長野)側からと決めていた。

ヒッチ的にかなりラッキーな出会いもあって、昼過ぎには何とか黒部ダム行きの始発駅に到着。そこからトロリーバスで約15分、山中のトンネルを進んだ先は、もう黒部ダムだ。
バスから降りて階段を昇ること200段余り、展望台へ出た自分を待っていたのは・・・

圧倒的な存在感を持つ黒部ダム
日本最大の高さ(堤高186m)を誇る黒部ダム、完成までに171名の殉職者を出す難工事だった。

目の前に広がる山並みに悠々と水をたたえたダムの圧倒的なまでの存在感、その巨大さに思わず溜息がこぼれる。ダムの上を歩いている人たちがまるで黒ゴマのように小さく見えた。自分もさっそく降りてみて、改めてその大きさを実感する。ふと下を覗くと莫大な量の放水で発生した霧に太陽光が当たり、七色の虹が輝いていた。

スポンサーサイト
[旅の記録] '08日本一周編4 東日本へ | CM(3) | TB(0) | PAGETOP
応援ボタン。ポチッと押してくれるその気持ちが、次の旅への大きなエナジーになります。



★COMMENT

俺も黒部ダム行ったことあるよ。すごい迫力だよね!!そこを通って、立山、剣山に登ったんだ。

善光寺はまだ行ったことなくて、気になっているところのひとつ。

毎日、充実してるみたいだね。タイムリミットまで楽しんでね!!
2008.09.09 | posted by マサ | URL | EDIT |
善光寺さんまでたどり着きましたか。
黒部ダムも・・・着実に成果が上がってますね。
こちらも朝晩が少し涼しくなり出しました。
体に気をつけて頑張って下さい。
2008.09.10 | posted by ブッポウソウ | URL | EDIT |
>マサさん
あそこから登山ルートがあるんですか?
それは凄くそそられますね。

この旅、快適度は低いかも知れないけれど、充実度は毎日とっても高いです。

さぁ、今日はいったい何が起きるのか。

>ブッポウソウさん
長野も越えて現在はもう関東に。
高地で鍛えられたので平地は今のところ寒さを感じません(笑)

が、油断せずいきたいと思います!
2008.09.12 | posted by tavicho | URL | EDIT |

★ COMMENT POST









管理人にのみ表示



★ TRACKBACK URL


FC2blogユーザーはここをクリックでTBできます。

★ TRACKBACK

     どうぶつが好きな人はここも一度見て下さい。
救う会へ   セーブ・ザ・チルドレン・ジャパンへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。